読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじろーキャンプ日記

初心者ファミリーキャンパーのブログ。その他、旅行や遊びに行った時に更新していきます。

大洗であんこう鍋を食べてきた【味ごよみ宮田】

f:id:kojirocamp:20170104064203j:image

「一度あんこう鍋を食べてみたい!」と、以前から妻にリクエストを受けていたので、今回は茨木県の大洗まであんこう鍋を食べに行ってきました。

今回行ってみたお店は、インターネットなどで色々とリサーチした結果、「味ごよみ宮田」というお店にしました。

f:id:kojirocamp:20170104064229j:image

f:id:kojirocamp:20170104064250j:image

お店の前には大きなあんこうが吊るされていました。

f:id:kojirocamp:20170104064306j:image

初めてお伺いするお店だったので、今回はあらかじめ予約をしておきました。お店に入って席に案内されるとテーブルの上には鍋がセッティングされていました。ちなみに写真は2人前です。

こちらのお店のあんこう鍋は、あんこう鍋とあん肝を炒め、特性スープで仕上げる“どぶ汁”があります。ここでは迷わず“どぶ汁”を選択しています。どぶ汁はもともと漁師が船の上で食べていた漁師食だそうで、本来のどぶ汁は水を使わず、あんこうから出る水分だけで調理するようですが、くさみやあくに繋がるため、こちらのお店ではくさみやあくを取り除いた濃厚スープに調理されているそうです。

f:id:kojirocamp:20170104064333j:image

たっぷりのあん肝を炒めている様子。

f:id:kojirocamp:20170104064347j:image

それを鍋に入れます。

f:id:kojirocamp:20170104064414j:image

蓋をしてしばらくすると出来上がりです。

炒めたあん肝を溶かしていただきます。

西のふぐ、東のあんこうというだけあって、抜群の旨さです。濃厚でコクのあるあん肝スープと一緒にあんこうをいただいていきます。あんの身も七つ道具と言われる部位も大変美味しくいただきました。

一通り具材を食べたら、雑炊にしてもらいます。これもまた、一口食べて思わず「むほっ、うまっ!」と、言ってしまう旨さです。

ここで教えてもらった食べ方は、雑炊の中にラー油を入れて食べる食べ方でした。

果たして、どんな味だろう…と思いましたが、雑炊にラー油がすごく合う!ゴマ油が効いたピリ辛のラー油って雑炊に合うんですね。

非常に美味しい組み合わせだったので、今度は違う雑炊でも試したいと思います。雑炊にすると、鍋の汁を全部いただけてしまうんですよね…。鍋だけでお腹一杯、堪能させてもらいました。

f:id:kojirocamp:20170104064426j:image

ちなみにこれはお通しです。運転があるため、オールフリーを注文したところ出てきたものですが、身が甘いエビでした。

f:id:kojirocamp:20170104064708j:image

食べている席からは外の景色が見え、ちょうど入り口のところが見えていたのですが、あんこうの解体ショーが目の前で見れました。

f:id:kojirocamp:20170104064720j:image

豪快に解体されていきます。

f:id:kojirocamp:20170104064731j:image

あんなに大きなあんこうがこんな感じになって口のまわりしか残っていませんでした。この口のまわりももしかして使うのでしょうか。あんこうって全部食べてしまうんですね。

冬の寒い時期にまた、食べに来たい鍋でした。

 

あんこうを食べた後は、めんたいパークに行くことにしました。