こじろーキャンプ日記

初心者ファミリーキャンパーのブログ。その他、旅行や遊びに行った時に更新していきます。

つくばエキスポセンターに行ってきた【茨城県つくば市】

夏休みなのでどこかに出かけたいところなのですが、近場で出かけられる場所はないかと考えていたところ、以前、インターネットで調べて気になっていた「つくばエキスポセンター」を思い出しました。

午前中に予定もあったので、それをこなした後、車で「つくばエキスポセンター」に向かうことにしました。

f:id:kojirocamp:20180812090001j:image

つくばエキスポセンターとは、1985年に開催されたつくば万博の後、開設され最新の科学技術や身近な科学に親しみを持ってもらえるように開設された施設です。

世界最大級の規模を持つプラネタリウムや、屋外に展示されている実物大のH-IIロケットの模型が特徴となっています。

 

入館料

おとな  410円

こども  210円

 

尚、プラネタリウムの鑑賞は別途以下の価格です。

おとな  410円

こども  210円

 

チケットを購入する
f:id:kojirocamp:20180812090004j:image

チケット売り場の横に今日のプラネタリウムの予定が記載されています。
f:id:kojirocamp:20180812090019j:image

ポケットモンスター?、はなかっぱ?星を見るのではないの?果たしてどんなプラネタリウムなんでしょうか。それとも、ただのポケモンにはなかっぱが是非、このどちらかを見てみたかったのですが、既に販売終了でだったので、15時30分からの回を購入することにしました。
f:id:kojirocamp:20180812090008j:image

この日はチケットの販売機の調子が悪かったようです。
f:id:kojirocamp:20180812090016j:image

チケット売り場の横にカフェがあります。f:id:kojirocamp:20180812090012j:image

プラネタリウムです。こんなに立派な施設があり、驚きました。

 

入館する

f:id:kojirocamp:20180812231605j:image

さて、早速入館してみます。
f:id:kojirocamp:20180812231601j:image

なにやら展示されています。
f:id:kojirocamp:20180812231557j:image

お土産売り場ですね。帰りに寄ることにしますがこんな感じです。

f:id:kojirocamp:20180812231745j:image
f:id:kojirocamp:20180812231749j:image

このショップの人気商品BEST10だそうです。

宇宙食は気になりますね。

f:id:kojirocamp:20180812231554j:image

お土産売り場の横にチョウザメがいました。あのキャビアの原料となるものですね。チョウザメってサメの仲間でないのってご存知でしたでしょうか。

こちらのチョウザメは人工孵化し養殖されているものとのことです。
f:id:kojirocamp:20180812232009j:image

 

さらに中に入っていきます。お盆休み中ということもあり、賑わっています。

f:id:kojirocamp:20180812233126j:image
f:id:kojirocamp:20180812233122j:image

こちら、シャボン玉装置です。シャボン玉の中に入れます。

f:id:kojirocamp:20180812233404j:image

次に竜巻の製造機。
f:id:kojirocamp:20180812233426j:image

みるみる竜巻が発生していきます。
f:id:kojirocamp:20180812233433j:image

すげーっ。

f:id:kojirocamp:20180812233118j:image
f:id:kojirocamp:20180812233130j:image
f:id:kojirocamp:20180812233408j:image

f:id:kojirocamp:20180812233422j:image
f:id:kojirocamp:20180812233415j:image

このほかにも、色々体験できます。ゆっくりみていきたかったのですが、この後、予め予約しておいた科学教室、プラネタリウムに行くので、次に向かいます。

 

夏休み科学教室

f:id:kojirocamp:20180812233710j:image

科学教室が体験できるとのことで、体験してきました。※期間限定
f:id:kojirocamp:20180812233713j:image

黒くて、磁石がつくスライムが作れます。
f:id:kojirocamp:20180812233429j:image

先生がついて、丁寧に作り方を教えてくれます。

f:id:kojirocamp:20180812233906j:image

こちらが磁性スライムの完成品です。たしかに磁石がつきました。

f:id:kojirocamp:20180812234204j:image

f:id:kojirocamp:20180812234156j:image

竹とんぼ作りも参加してきました。

この後、作った竹とんぼを外で飛ばしましたが、こんなに飛ぶんだ‼︎と思うくらい、よく飛ぶ竹とんぼができました。

それぞれ、スライムが200円、竹とんぼが100円とお手軽価格でためになる体験ができて良かったです。

 

プラネタリウムにいく

この後、プラネタリウムに行きます。プラネタリウムに行くのは何十年ぶりかの体験でしたが、ここのプラネタリウムは素敵です。

我々の見た回は重力となのお話をしている真面目なプラネタリウムのお話でした。

とてもためになるお話だったのですが、涼しくて、仰向けに近い形になる姿勢に、自分はいつもの如くつい、ウトウトしてしまいました…。

 

我が家はここまでで、帰って来てしまったのですが、実は2階も展示スペースがあったようです。見所も体験スペースも色々とあり、楽しめます。

自分は85年にこのつくば万博に来たことがあるのですが、スタッフが着ているTシャツに描かれていた万博のキャラクターが見覚えがあるなぁと思い印象的でした。

つくばエキスポセンター、また改めて来てみたいと思います。

サニーダイナーでハンバーガーを食べてきた【柏の葉T-SITE (SUNNY DINER) 】

f:id:kojirocamp:20180717201832j:image

今回は柏の葉Tサイト内のサニーダイナー(SUNNY DINER)でハンバーガーを食べることにしました。

このお店は柏の葉Tサイトができて以来、一度は食べてみたいと思っていたお店でしたが、ハンバーガーのお店としては価格が少々お高く、なかなか入れなかったお店です。

今日、遂にお店に入ることになりました。

f:id:kojirocamp:20180717201838j:image

f:id:kojirocamp:20180717211349j:image

こちらでは、ハンバーガーと一緒にビールもいただけます。(ゴクリ。)
f:id:kojirocamp:20180717201841j:image

セットで1,000円を超える価格帯が中心のメニューとなっています。
f:id:kojirocamp:20180717201845j:image
f:id:kojirocamp:20180717201828j:image

子供はキッズバーガーを注文しました。

f:id:kojirocamp:20180717201924j:image

自分はパイナップルがはさまっているハワイアンバーガー。パイナップルの酸味と甘みがハンバーグの味と相まってとても旨そうです。添えてあるソースをかけていただきます。
f:id:kojirocamp:20180717201915j:image

妻はアボガドチーズバーガーを注文しました。

アボカドとチーズっていったら両方大好きな組み合わせです。

脇にはポテト。ポテトは細めで、カリッと揚がっています。

f:id:kojirocamp:20180717201919j:image

それでは、いただきます!

 

「う、うまい…。」

 

テーブルの上に置いてある紙にくるんでかぶりつきます。ハンバーグから肉汁がジュワッと溢れ出てきます。ハンバーグの間に挟んだソースと相まって、これは紙で包まなかったら大変なことになっていました。

パンズは石窯パン工房「サフラン」のパン。サフランは柏周辺で数店舗ある地元で有名なパン屋さんのものです。

肉汁たっぷりのハンバーグとサフランのパンズ。この組み合わせは期待していた味の予想を裏切りませんでした。

値段はお高めですが、値段相応ではないでしょうか。これはまた食べに来たい旨さです。

三協アルミの首都圏ショウルームに行ってきた【新宿】

f:id:kojirocamp:20180703193105j:image

今回は新宿にある三協アルミの首都圏ショウルームに行きら玄関扉と床材を見に行ってきました。
f:id:kojirocamp:20180703193045j:image

受付の横で、「どこでもドア」と「ドラえもん」が出迎えてくれます。
f:id:kojirocamp:20180703193113j:image

入り口すぐにカフェ風の玄関扉が展示されていました。カタログで見るより、質感がしっかりとしていて素敵です。

家の玄関、こんな感じにするのもいいなぁ。
f:id:kojirocamp:20180703193117j:image

こちらは“ファノーバ採風ドア内開き窓タイプ”です。

この玄関扉は見た瞬間、直感で

“これ、いいぞ!”

とビビビッってきました。
f:id:kojirocamp:20180703193121j:image

この扉は玄関に風を迎え入れることができます。三協アルミのカタログでも、こちらのショウルームでも一番はじめに出ている商品でイチオシなんだと思います。
f:id:kojirocamp:20180703193057j:image

奥の方へ行くと玄関扉のサンプルが何枚もあります。ここでは、2枚の液晶画面の間に玄関扉のサンプルを当てはめることができます。液晶画面は色々な外壁材に変えることができ、外壁に合う玄関扉のイメージを掴むことができます。凄いですね。
f:id:kojirocamp:20180703193144j:image

何枚か選んで玄関扉を出してもらい見せてもらいます。
f:id:kojirocamp:20180703193053j:image

この玄関扉は採光ができるタイプの扉です。こちらも人気のあるタイプだと思います。
f:id:kojirocamp:20180703193140j:image

家全体の雰囲気で、こういうシャープな感じの扉も素敵ですね。

うーん…、迷います。

ひと通り玄関扉を見せてもらったら、次は床材を見に行きます。

 

三協アルミの床材は“Sフロア”という商品です。f:id:kojirocamp:20180703193128j:image

こちらが床材のサンプルです。

以下、Sフロアの概略です。

木目の高度な印刷技術に凹凸感を加え、天然木の木質感、手触り感を表現しています。

尚、ナノ化技術から誕生したSmart NANO®を採用し、ナノテクノロジーで優れた耐傷性、耐汚汚染性を高性能化されているものもあります。【カームオーク、グレージュペカン、ワグリのみ対応】

出典元:三協アルミ

色も色々あり迷いますが、せっかくなのでSmart NANO®を採用している床材から選びたいと思います。
f:id:kojirocamp:20180703193109j:image

こちらがグレージュペカンです。落ち着いたいい色です。カームオーク(白系)、ワグリ(グレージュペカンよりも色が少し濃い目)も捨てがたく迷います。

f:id:kojirocamp:20180703193133j:image

床材と部屋の扉の色を組み合わせていきます。
f:id:kojirocamp:20180703193101j:image
f:id:kojirocamp:20180703193136j:image

f:id:kojirocamp:20180703193049j:image

グレージュペカンの床に白系の扉も非常にお洒落です。扉をチョコレート系の濃い色とするか、白系の扉にするかここでも迷います。

ですが、こんなリビングだったらオシャレですね。

 

玄関扉、床材、部屋の扉と見てみて、それぞれ自分の一番好きな色、形状で選んでしまいがちですが、色がバラバラにならないようにトータルで色のコーディネートをしていきたいと思います。

この辺はセンスが出るんだと思いますが、種類が多く、単体ではどれも良いので組み合わせにも非常に迷います。センスのある人に組み合わせをお願いして、その中から選びたいのですが、そんな都合の良いアドバイザーはどこかにいないのでしょうか。

バシッとこれ!

となかなか決まりせんが、非常に参考になりました。今日はこの辺にして、また来ようと思います。

へーベルパワーボード(旭化成建材のALC外壁材)のショールームに行ってきた【旭化成建材の建材galleryに行ってきた】

f:id:kojirocamp:20180702230231j:image

外壁の建材である旭化成のへーベルパワーボードとはどのようなものか、また、どのような種類があるのか見てみるべく、今日は旭化成建材のショールームである「建材ギャラリー」にやってきました。

f:id:kojirocamp:20180702230227j:image

こちらの建材ギャラリーは神保町、新御茶ノ水が最寄りの駅となり、駅から徒歩4、5分のところにあります。

少し細い道にあり、入口がどこにあるのか少し迷いました。
f:id:kojirocamp:20180702230223j:image

土曜日は予約のみの受付。今回は平日にお伺いしましたが、念のため予約を入れておきました。
f:id:kojirocamp:20180702230219j:image

早速パワーボードを案内してもらいます。サンプルが展示されています。

f:id:kojirocamp:20180702231242j:image

今回はパワーボードのデザインのパターンと、パワーボードに吹き付ける塗料がどのようなものがあるのかを重点的に見ることにしました。

この2点は我が家における注文住宅建設にあたり、最重要項目となっています。

 

デザインを選ぶ
f:id:kojirocamp:20180702231220j:image

まず、こちらのデザイン。ジーファスチェックです。くっきりと刻まれたブリック状のラインと天然石をノミで削ったような暖かみのある陰影が、重厚な外観を生みだすジーファス。
美しさと外壁性能が評価され、グッドデザイン賞を受賞したようです。

ブロックのようなデザインに石のような風合いを出すために、削る加工があり、お値段がお高くなっています。

そして、塗料はイベリアン。こちらは耐用年数が持つ塗料であり、通常の塗料の耐用年数が10年程度に対し、25年近く持つと言われています。 

f:id:kojirocamp:20180702231228j:image

f:id:kojirocamp:20180702231158j:image

こちらもジーファス。

価格を考えなければジーファスとイベリアンの組み合わせは、最高だと思います。

f:id:kojirocamp:20180702231145j:image

軽量鉄骨用のパワーボードです。55ミリと厚みがあります。
f:id:kojirocamp:20180702231150j:image

こちらが木造用のパワーボード。37ミリです。37ミリといっても、通常のサイディングの厚みは17ミリ程度ですので、相当な厚みがあります。我が家はこちらのボードを使います。

f:id:kojirocamp:20180703001504j:image

一番シンプルなフラットパネルです。

フラットなパネルなので、価格も一番お手頃です。それに、グランロックという塗料を塗っています。
f:id:kojirocamp:20180703001507j:image 

こちらはスマートライン25。25ミリ間隔でラインが入っています。

f:id:kojirocamp:20180703002147j:image

50ミリ間隔のものもありました。f:id:kojirocamp:20180703001500j:image

こちらはシェイドカットというデザイン。

他にも色々なデザインがありますが、ジーファスが入ると高くなるので、ここぞというところにジーファスのパワーボードを部分的に使い、そのほかはスマートラインのパワーボードをメインにしようかと思ってます。

 

塗料と色を選ぶ

旭化成建材純正の塗料は6種類程ありますが、その中の塗料である「グランロック」にしたいと考えています。グランロックは価格、耐用年数を踏まえ人気がある塗料とのことです。

f:id:kojirocamp:20180703002648j:image

太陽の光を浴びたところで見ると、色の感じが明るくなるとのことです。サンプルのパネルを建材ギャラリーの外に持ち出して、色を比べてみました。

f:id:kojirocamp:20180703002830j:image
f:id:kojirocamp:20180703002644j:image
あまり白いと直ぐに汚れが目立ちそうなので、多少色がついている方がいいとは思うのですが、微妙な色の違いに、どの色がいいのか悩みます。

先ほど選んだデザインパネルに塗料を塗ったサンプルを作って送ってくれるとのことなので、お願いすることにしました。

今日はここまでとなりましたが、これはかなり悩みそうです。

 

おまけ

建材ギャラリーの近くに「海南鳥飯 天鳥」というタイランチ屋さんがあります。建材ギャラリーに行く際のランチに近くて便利だと思います。

f:id:kojirocamp:20180703004326j:image
f:id:kojirocamp:20180703004330j:image
f:id:kojirocamp:20180703004321j:image

人気の2点盛りをいただきました。

NEOGEO mini(ネオジオミニ)が欲しい

f:id:kojirocamp:20180622204508p:image

出典元 Amazon

「NEOGEO mini(ネオジオミニ)」の発売日が2018年7月24日に決定されました。Amazonではすでに予約が開始されています。本体価格は1万2420円です。

この夏のボーナスでお小遣いがもらえたら、是非購入したいものの中の一番に踊り出てきました。

収録タイトルは何と40本!

1.ザ・キング・オブ・ファイターズ '94
2.ザ・キング・オブ・ファイターズ '95
3.ザ・キング・オブ・ファイターズ '96
4.ザ・キング・オブ・ファイターズ '97
5.ザ・キング・オブ・ファイターズ '98
6.ザ・キング・オブ・ファイターズ '99
7.ザ・キング・オブ・ファイターズ 2000
8.ザ・キング・オブ・ファイターズ 2001
9.ザ・キング・オブ・ファイターズ 2002
10.ザ・キング・オブ・ファイターズ 2003
11.真サムライスピリッツ 覇王丸地獄変
12.サムライスピリッツ 天草降臨
13.サムライスピリッツ零SPECIAL
14.餓狼伝説SPECIAL
15.リアルバウト餓狼伝説
16.リアルバウト餓狼伝説2 THE NEWCOMERS
17.餓狼 MARK OF THE WOLVES
18.ワールドヒーローズパーフェクト
19.風雲スーパータッグバトル
20.龍虎の拳
21.幕末浪漫 月華の剣士
22.幕末浪漫第二幕 月華の剣士 ~月に咲く華、散りゆく花~
23.NINJA MASTER'S~覇王忍法帖~
24.痛快GANGAN行進曲
25.キング・オブ・ザ・モンスターズ2
26.サイバーリップ
27.ショックトルーパーズ セカンドスカッド
28.トップハンター ~ロディー&キャシー~
29.ニンジャコマンドー
30.バーニングファイト
31.メタルスラッグ
32.メタルスラッグ 2
33.メタルスラッグ 3
34.戦国伝承2001
35.ASO II −ラストガーディアン−
36.ティンクルスタースプライツ
37.ブレイジングスター
38.トッププレイヤーズゴルフ
39.得点王
40.ジョイジョイキッド

タイトルのラインナップを見ましたが、自分がプレイした事があるのは餓狼伝説のみ。

ファミコンミニや、スーファミミニもありますが、敢えて今、ネオジオミニを買いたいと思ったのは、自分がプレイした事が無いゲームが盛りだくさんだからです。

このアーケードの筐体に3.5インチの液晶ディスプレーを搭載しており、ゲーセンと同じコントローラーが付いています。

こんな小さな画面で、またコントローラーもついてしまってどれだけゲームが楽しめるのかと心配なところもありますが、既にYouTubeで配信されている動画では、さほど問題なくプレイできているようです。

また、HDMI端子を内蔵し、テレビに出力してのプレイも可能。「NEOGEO mini」の発売に合わせ、専用コントローラー「NEOGEO mini PAD」も「NEOGEO mini」と同日となる7月24日にリリースされます。

懐かしいということで購入される方が多数だと思いますが、自分の場合はネオジオミニを購入する事でほぼ未体験のネオジオのゲームがプレイできることにワクワクしています。

カルビ屋大福で焼肉ランチ(韓流ビュッフェつき)を食べてきた【千葉県柏市】

f:id:kojirocamp:20180618190951j:image

今回は千葉県柏市にある焼肉屋「カルビ屋大福」(柏の葉店)でランチを食べてきました。

このお店は雑誌にも出たことがある人気店です。

今日は日曜日ですが、日曜日もお手頃価格のランチをやっています。

さすがに人気店。日曜日の13時の段階でも待っているお客さんが多数です。

ですが、店の中には待っている人を整理するための発券機もあり、発券後は店の外に出ることも可能です。順番が来る少し前にお店から電話をかけてくれます。

入れ替わりの時間帯だったためか、60分待ちの予定が15分位で席に着くことができました。

f:id:kojirocamp:20180618192701j:image

こちらがランチメニューです。ランチはサラダ、ナムル、スープ、ソフトドリンクが飲み放題、食べ放題。今日は牛スジと大根の煮込みも食べることができて、お得です。

f:id:kojirocamp:20180618190942j:image
f:id:kojirocamp:20180618190927j:image 

サラダなど取り放題の図です。

ナムル、サラダで焼肉を食べる前にお腹一杯です。

f:id:kojirocamp:20180618190937j:image

お肉も上質、肉汁が甘く美味しかったです。

個人的なオススメはハラミです。

f:id:kojirocamp:20180618190947j:image

また、この日はうちの家族が子供連れ(乳児)であったことと、人数が多かったため、お店の方のご配慮で広いスペースに通してくれました。

その後も子供用の敷座布団やバウンサーも用意してくれ、ゆっくりと美味しく焼肉をいただくことができました。

野菜もたっぷりとれ、美味しい焼肉を食べることができるカルビ屋大福のランチ。また、近いうちに再訪すること間違いなしです。

ボーネルンド ミックスマッチ【Mix or Match】を買った(おもちゃ)

f:id:kojirocamp:20180617223603j:image

以前、ボールネンドで、飛行機や車やボートのボディを3つに分解できて、それぞれがマグネットでくっつけることができ、自分の好きなように組み合わせて乗り物を作ることができるおもちゃを見たことがありました。空飛ぶ船を作るもよし、機関車スポーツカーを作るもよし、想像力が広がる乗り物セット です。

その名も【ミックスマッチ】。(箱には【Mix or Match】と書かれています。)

鮮やかな黄緑色と水色の組み合わせで、斬新な色使い。一目見て気に入ってしまったのですが、子供のおもちゃだと思いこれまで購入は控えていました。いつか、男の子の子供ができたら買うかと思っていたのですが、子供が1歳になるタイミングでふとミックスマッチを思い出し、誕生日にプレゼントすることに決めました。

 

いざ、ミックスマッチを買いにボールネンドに行ったところ、ミックスマッチがお店に見当たらない…。

すぐさま店員さんに問い合わせてみたところ、品切れとのこと。

えらくショックを受けました…。

 

そこで、いつものAmazonで買えないか探してみたところ、確か3千円台で買えたはずのミックスマッチが5千円台。サイトによっては2万5千円というところもありました。

 

そんな感じだったので、次にボールネンドの違う店舗に電話をしてみたところ、小さなミックスマッチは品切れで大きなミックスマッチは1つだけあるとのこと。

「えっ!ミックスマッチに大きいとか小さいとかあるんだ…」

と思いましたが、取り敢えずその大きいミックスマッチがあるという店舗に行ってみました。

 

店舗につき、お目当てのミックスマッチを探しますが店舗の中、どこを見ても見つかりません。

お店の人に

「ミックスマッチありますか?」

と聞いたところ、

「少々お待ちください」

とのことで、店の奥からミックスマッチを出してきてくれました。

店頭に出されていないとは…。

すぐさま、お会計を済ましお店を後にしました。

 

ミックスマッチ開封の儀

早速、買ってきたミックスマッチを家で開封します。

f:id:kojirocamp:20180617230438j:image
f:id:kojirocamp:20180617230434j:image

お誕生日プレゼントなので、包装してもらいました。で、でかい…。

f:id:kojirocamp:20180617230648j:image
f:id:kojirocamp:20180617230644j:image

開封の儀にはうちの長女も立会います。

f:id:kojirocamp:20180617230822j:image

7台も入ってました。

私がはじめに見ていた、所謂小さい方のミックスマッチは4台だったと思います。この②+④ってどういう意味なんだろう。

f:id:kojirocamp:20180617230830j:image

自分がこれまで見ていたミックスマッチとは乗り物の種類も違うようです。

調べてみたところ、ミックスマッチは①から⑥まで販売しているようで、このセットはそのうちの②と④のセットのようです。

ポピュラープレイシング のりもの工場シリーズ ミックスアンドマッチ PPT60301

こちらが①です。①のラインナップは乗り物の形が差別化されているというか、分かりやすいですね。

アメリカのポプュラープライシングというメーカーが販売しています。

f:id:kojirocamp:20180617231322j:image

さて、開けてみます。うわっ!綺麗な色!豪華なセット‼︎

大人の自分のテンションがあがります。

尚、このセットのうち、大きなタイヤが付いているアイテム2つはゼンマイが入っており、チョロQのように後ろに引いて離すと走り出します。これも面白い!

f:id:kojirocamp:20180617232057j:image

その間、子供は包装紙で遊んでいます。

 

f:id:kojirocamp:20180617232225j:image

なんとも言えないフォルム。潜水艦?
f:id:kojirocamp:20180617232238j:image

子供用のおもちゃらしく、角がなく手触りがとても良いです。
f:id:kojirocamp:20180617232234j:image

見た目も可愛いですね。家のインテリアにもなりそうです。
f:id:kojirocamp:20180617232242j:image

長女も離したりくっつけたりしています。

f:id:kojirocamp:20180617232608j:image

長男も興味を持って遊びはじめました。
f:id:kojirocamp:20180617232219j:image

子供が使っていないマシーンを拝借し並べてみました。

f:id:kojirocamp:20180617233226j:image
f:id:kojirocamp:20180617233222j:image

分解と合体について箱の裏に記載があります。

f:id:kojirocamp:20180617233219j:image 

繋げてこんなに長くもできます。

箱には対象年齢が3歳からと書かれています。これは長く遊べるおもちゃになりそうです。

ミックスマッチ①も売っていたら買ってしまうかもしれないです。