こじろーキャンプ日記

初心者ファミリーキャンパーのブログ。その他、旅行や遊びに行った時に更新していきます。

ロマンの森共和国オートキャンプ場に行ってきた【千葉県君津市】

f:id:kojirocamp:20190813183206j:image

今回は千葉県君津市にある「ロマンの森共和国オートキャンプ場」に行って来ました。

今回は久々にA子さんご家族、ペーパーキャッスルさんご家族と久々に三家族合同でのキャンプとなりました。

お盆真っ最中の猛暑真っ只中でのキャンプは初めての体験となります。

 

ロマンの森共和国とは

ロマンの森共和国とは、南房総のちょうど真ん中に位置し、周囲を緑に囲まれたロマンの森共和国は、都心からわずか90分(外房鴨川20分/内房金谷港35分)というロケーションのリゾート施設です。近くにはプールあり、露天風呂あり、渓谷釣りあり、ホテル、ロッジありと色々な楽しみ方ができる場所です。

f:id:kojirocamp:20190813192829p:image

ロマンの森共和国ホームページから引用

www.romannomori.co.jp

 各施設の様子

f:id:kojirocamp:20190813183125j:image

こちらが受付棟の様子です。こちらで受付を済ませます。
f:id:kojirocamp:20190813183155j:image

裏にはトイレがあります。基本的にトイレはここの一箇所です。
f:id:kojirocamp:20190813183203j:image

受付棟すぐ横の水洗い場の様子です。
f:id:kojirocamp:20190813183159j:image 

f:id:kojirocamp:20190813183150j:image

こちらはゴミを出すスペースになります。
f:id:kojirocamp:20190813183136j:image

キャンピングロッジはこちら。エアコンが設置されているものもあるようです。暑い夏もエアコンが有ると安心ですね。

 

オートキャンプサイトの様子

f:id:kojirocamp:20190813185225j:image

さて、こちらがオートキャンプのサイトの状況です。区画のサイズはツールームのテントが丁度良いサイズかと思います。

f:id:kojirocamp:20190813185234j:image
f:id:kojirocamp:20190813185229j:image

予想していた日差しギラギラではなく、木陰のサイトでホッとしました。

今回、我が家はこのキャンプのために、猛暑対策としてダークルームテクノロジー搭載のテントである「コールマン タフスクリーン2ルーム+」を購入し、実践投入しました。

f:id:kojirocamp:20190813185955j:image

何とかテントが設営され、ピースをする図。

今回はキャンプ2日前にテントを購入し、即実践ということで、YouTubeを何度か見て予習はしてきましたが、慣れないテントの設営はやはり手間取ります。汗だくだくの中での初めてのテント設営は体力の消耗が激しい…。やはり試し張りは重要だと痛感しました。

しかし、このテントは基本的には設営しやすいテントで、その居住性、機能性から我が家のメインを張るエーステントとなると確信しました。

f:id:kojirocamp:20190813191832j:image

ダークルームテクノロジーにより、日差しも何のそのです。

 

キャンプを楽しむ

f:id:kojirocamp:20190813190916j:image

f:id:kojirocamp:20190813192047j:image
f:id:kojirocamp:20190813192053j:image

テントを設営し、キャンプ場をぐるっと回ったら夕食です。一泊だと本当にあっという間です。夕食の写真は撮り忘れましたが、焼き鳥、餃子、生ハム、牛タン塩焼き、焼きそばなどに舌鼓を打ちつつ、楽しい団欒となりました。

f:id:kojirocamp:20190813191504j:image

ご飯を食べたら、花火!
f:id:kojirocamp:20190813191455p:image

そして虫取り!

セミなどの虫が照明に集まってきて子供達は虫取りに勤しんでいました。

 

明日はロマンの森共和国内にあるプールに行きます。色々と遊べて子供の良い夏の思い出になりました。

Coleman テント タフスクリーン2ルームハウス + を買った【真夏のキャンプに最適 ダークルームテクノロジー搭載テント】

f:id:kojirocamp:20190811220334j:image

8月のお盆の暑い時期にキャンプに行く

8月お盆の暑い時期にキャンプに行くということで、妻からコールマンのダークルームテクノロジーのテントが欲しいとの話がありました。

ダークルームテクノロジーとは、90%以上の日光を遮断し、テント内の温度上昇を大きく抑えることができる技術のこと。

テントの中は真っ暗、そしてテント内の気温も従来のテントよりも抑えられるそうです。

今、テントを2つ所有しているので、買う必要性は本当にあるのか?とも悩みましたが、この最近の猛暑の中、小さい子供もいる中でテントでの宿泊は果たして大丈夫なのか?と思い、ダークルームテクノロジー…ちょっといいかなと思いました。

 

コールマン“タフスクリーン2ルームハウス+”を買う

まあ、実際物を見てからどうするか決めるかと思っていましたが、たまたまスポーツオーソリティでは、5点合計1万円以上購入で20パーセントオフというセールをしており、これは!ということでえーいっ!と買ってしまいました。

ダークルームテクノロジー採用のテントは現在4種類程出ていますが、我が家が買ったテントはこちら。“タフスクリーン2ルームハウス+”です。

f:id:kojirocamp:20190811220410j:image

f:id:kojirocamp:20190811220417j:image

“タフスクリーン2ルームハウス+”は、リビングルームと寝室が一体化したテントです(4〜5人用)。

リビングに配された3面の大開口パネルは天候の状況に応じて“フルクローズ”、“フルメッシュ”、“フルオープン”と、フレキシブルに展開が可能。リビング側にも遮光PUコーティングが施されているためリビング部分もだいぶ涼しく感じられます。

 

キャンプ場で設営する

今回はキャンプに行く直前にテントを購入したため、試し張りなしでぶっつけ本番で設営します。何度かYouTubeで設営方法を見て予習をして挑みましたが、やはり一度自分で設営してみないことには感覚が掴めません。

しかし、立ち上げるところまでは何とか1人で出来ました。

f:id:kojirocamp:20190812183253j:image

f:id:kojirocamp:20190812174256j:image

後ろのテント部分のたるみが気になりますが、これは張り綱をきちんと張ればピッとするようです。初めての設営は時間がかかりましたが、もう一回設営すれば、1人でも出来そうです。

さて、このテント、室内が真っ暗というところと、通気性が非常によい作りになっています。

前面のスクリーンタープ部分は3面メッシュ状態にできます。それと、注目すべきポイントしては寝室の部分にも窓があり、こちらは4面メッシュにすることができます。
f:id:kojirocamp:20190812174314j:image

こちらは寝室からリビングスペースを見た様子です。広々とした空間に、見通しも良い状態です。

f:id:kojirocamp:20190812174247j:image

この写真は、寝室部分の後ろを捲り上げ、サイドの部分を撮影したところです。外側の幕と内側のテント部分に空間があり、風が入るようになっています。

 

感想

今回のサイトは偶然木陰のサイトで、直射日光がほとんどない場所だったので、ダークルームの恩恵を感じるというよりは、通気性の良さを実感しました。

テントの中を締め切って真っ暗にするのと、窓を全開にし通気性を良くするのと果たしてどちらが涼しいんだろうかと悩みます。

明け方、テントの中に入る日差しの明るさに目がさめることがありますが、やはり当テントにおいては遮光性が高く、朝までぐっすりとよく寝られました。

総じて、2ルーム故のゆとりあるスペース、遮光性の高いダークルームテクノロジー、設営、撤去のしやすさというところから、必要な機能は全て搭載されており、これまでのコールマンのノウハウが遺憾なく発揮されているテントだと思いました。デザインもオーソドックスなスタイルで流行りが無く長く使えそうなテントです。暑い時期が続く時期はこのテントが活躍しそうです。

お台場でユニコーンガンダムを見てきた〜ダイバーシティ内、ガンダムベースに立ち寄ってきた〜

f:id:kojirocamp:20190729203643j:image

今日はお台場のユニコーンガンダムを見てきました。うまいこと、時間が合いユニコーンガンダムの変身のところを見ることができました。f:id:kojirocamp:20190729203650j:image
f:id:kojirocamp:20190729203653j:image

更に今日はガンダムの足元を通れるというイベントがやっていました。
f:id:kojirocamp:20190729203657j:image

このアングルを見れるのは中々ないですね。
f:id:kojirocamp:20190729203705j:image

足にも近づいてみてみます。
f:id:kojirocamp:20190729203635j:image

ランドセルのところがカッコいい!
f:id:kojirocamp:20190729203708j:image

かーっ!

後ろ姿もカッコいいですね!
f:id:kojirocamp:20190729211928p:image

建物からガンダムを見るとこんな感じです。

リアルに大きさを感じられます。

この1分の1スケールのガンダムはやっぱり一目見たときの感動が違いますね。興奮します。

 

ユニコーンガンダムが展示されているダイバーシティの7階にあるガンダムベースでは昔のから最新のガンダムのプラモデルが展示され、また購入することもできます。 

f:id:kojirocamp:20190729212615j:image
f:id:kojirocamp:20190729212550j:image
f:id:kojirocamp:20190729212626j:image
f:id:kojirocamp:20190729212543j:image
f:id:kojirocamp:20190729212607j:image
f:id:kojirocamp:20190729212546j:image
f:id:kojirocamp:20190729212555j:image
f:id:kojirocamp:20190729212602j:image
f:id:kojirocamp:20190729212559j:image

プラモデルを家に買って帰り、エアコンの効いた部屋でちまちまと作るのもいいですね。

自分も久々に1つプラモデルを買ってこの夏に作ろうと思います。

ヨークベニマル 取手戸頭店(新大利根橋すぐ)に行ってきた

f:id:kojirocamp:20190728122749j:image
今日は柏方面から守谷に向かう時に使う新大利根橋渡ったところのすぐそばにできたヨークベニマル取手戸頭店に行ってきました。

f:id:kojirocamp:20190728150821p:image

入口入ってすぐのところにフードコートがあります。落ち着けそうなスペースです。
f:id:kojirocamp:20190728123016j:image
f:id:kojirocamp:20190728122843j:image

フードコートのメニューです。お手軽に軽食が食べられます。

f:id:kojirocamp:20190728150959j:image

さて、入口付近にはお惣菜コーナーがあります。ここのお店はお惣菜関係がお手頃価格で豊富に取り揃えられています。f:id:kojirocamp:20190728151004j:image
f:id:kojirocamp:20190728150956j:image
f:id:kojirocamp:20190728122901j:image

こんなにお惣菜が充実しているスーパーが近くにあったら助かりますね。
f:id:kojirocamp:20190728122757j:image
f:id:kojirocamp:20190728123028j:image
f:id:kojirocamp:20190728122909j:image
f:id:kojirocamp:20190728122849j:image

この川海老のかき揚げは美味そう!

店頭に入ってから間もないですが、品揃えが充実していて目が惹かれます。

続いて生鮮コーナー。

f:id:kojirocamp:20190728122800j:imagef:id:kojirocamp:20190728122855j:image 

甘酒、アイスコーヒーコーナーもこんなに充実しています。
f:id:kojirocamp:20190728123032j:image

セブンプレミアムも品揃え豊富!
f:id:kojirocamp:20190728123039j:image
f:id:kojirocamp:20190728123041j:image

次に精肉コーナー。
f:id:kojirocamp:20190728123035j:image

f:id:kojirocamp:20190728200723j:image
f:id:kojirocamp:20190728200721j:image

お肉のコーナーも充実しています。

キャンプの時に買いに来るのも良さそうです。
f:id:kojirocamp:20190728123044j:image
f:id:kojirocamp:20190728123050j:image
f:id:kojirocamp:20190728122905j:image
f:id:kojirocamp:20190728122846j:image
f:id:kojirocamp:20190728122851j:image
f:id:kojirocamp:20190728122815j:image
f:id:kojirocamp:20190728122754j:image
f:id:kojirocamp:20190728122837j:image

チーズの売り場もこんなに広いです。
f:id:kojirocamp:20190728122803j:image
f:id:kojirocamp:20190728122812j:image

こなセットだけで晩御飯のおかずが作れるのはいいですね。数種類ありました。
f:id:kojirocamp:20190728122741j:image
f:id:kojirocamp:20190728122827j:image
f:id:kojirocamp:20190728122858j:image
f:id:kojirocamp:20190728122821j:image

レンジアップだと更に楽に調理ができて助かりますね。
f:id:kojirocamp:20190728123019j:image 

続いて野菜コーナー。野菜も所狭しとビッチリ陳列されています。
f:id:kojirocamp:20190728123047j:image
f:id:kojirocamp:20190728122824j:image
f:id:kojirocamp:20190728123022j:image
f:id:kojirocamp:20190728122840j:image
f:id:kojirocamp:20190728122732j:image
f:id:kojirocamp:20190728122751j:image

近郊野菜の直売コーナーもあります。
f:id:kojirocamp:20190728122806j:image
f:id:kojirocamp:20190728122744j:image

焼酎の量り売りもありました。

 

写真多過ぎですね。

しかし、写真を思わず撮ってしまう品揃えの豊富さ。流石に近くにスーパーがあるところに新たにスーパーができただけあって、価格や趣向が凝らさせれいる感じがしました。

また、近いうちに行きたいと思います。

40代が久々にミニ四駆を作ってみた④ レース向きの基本パーツが装備されているおすすめキット【ミニ四駆スターターパックAR スピードパック(エアロアバンテ)】

f:id:kojirocamp:20190724235231j:image

さて、このミニ四駆シリーズも遂に4回目となりました。今回作った「ミニ四駆スターターパックARスピードタイプ(エアロアバンテ)」は、久々に自分がミニ四駆を作ろうとした時に、一番自作りたいと思ったキットです。

久々のミニ四駆を作るにあたって、改造とかの知識がまったく無いため、スターターパックの3種類から選ぶことにしたのですが、単純に見た目がカッコいいと思います。

 

配達の都合でたまたまこのキットの到着が遅れ、その間に待ちきれずにお店でミニ四駆を次々と買ってしまい、作る順番が後回しになっていました。
f:id:kojirocamp:20190724235228j:image

今回のエアロアバンテのARシャーシですが、電池が車体の下から取り外しできるようになっており、ボディの取り外し無く電池の交換ができます。
f:id:kojirocamp:20190724235224j:image

こちらがボディを外したところ。モーターはMAシャーシのように中央に位置しているものでは無く、後輪の付近にあるタイプですね。

f:id:kojirocamp:20190724235207j:image

ひっくり返したところです。この真ん中部分の両端を押しながら引くと…
f:id:kojirocamp:20190724235210j:image

このように電池を入れるスペースが出てきます。電池を入れて、ボディを取り付けたら…
f:id:kojirocamp:20190724235221j:image

完成です!
f:id:kojirocamp:20190724235218j:image

スターターパックということで、同梱されているレース向きの基本パーツを装備しました。

基本的には、前回作ってみた「スターターパックMAブラストアロー」の仕組みと同じです。今回のエアロアバンテはサイドの部分にジャンプした時の衝撃緩衝となる“おもり”が装備されています。

f:id:kojirocamp:20190724235213j:image

色もブルーで統一されていて非常に格好いいですね。ビジュアル的にグッドだと思います。

このエアロアバンテを作ると、元祖のアバンテを作ってみたくなりました。近日、作成したいと思います。

 

さて、ミニ四駆も増えてきたので、そろそろコースでも走らせたいと思います。

月待の滝 もみじ苑で滝を見ながら絶品のそばを食べてきた【久慈郡大子町】

f:id:kojirocamp:20190723181103j:image

今回は、大子広域公園キャンプ場グリンヴィラでキャンプした帰りに、地元の美味しい蕎麦を食べたいねということで、「月待の滝 もみじ苑」に蕎麦を食べに行くことにしました。ここは、大子広域公園キャンプ場グリンヴィラからほど近いところにあります。

f:id:kojirocamp:20190723175807j:image

トップシーズンではかなり待つこともあるようで、駐車場も多数あります。駐車場から入口に向かうと雰囲気のある入口が見えてきます。f:id:kojirocamp:20190723180409j:image

今回訪問した日は雨で、また、お昼の時間から少し早い時間帯だったこともあり、混雑なくお店に向かえました。

f:id:kojirocamp:20190723175802j:image

「空飛ぶ」というフレーズが興味を惹きます。
f:id:kojirocamp:20190723175823j:image

こちらの席が「空飛ぶ」流しそうめんの席のようです。

f:id:kojirocamp:20190723182532j:image

そうめんも楽しそうですが、今日食べたいのは蕎麦です。流しそうめんは今日のところはチェックだけしておきます。

 

お店は斜面にあり、入口が何箇所かありますが、我が家はお店の上から下る流れでお店に来ました。

f:id:kojirocamp:20190723182948j:image

中に入ると、お店の二階に位置する場所でした。そこは、滝の絶景が見えるテラス席となっています。
f:id:kojirocamp:20190723183214p:image

たまたま、他のお客さんがいない時間帯にこれたので、絶景ポイントの中でもベストポジションに陣取ります。

f:id:kojirocamp:20190723181026j:image

二階はセルフ席になります。

蕎麦などのオーダーは一階に行き、自分でオーダーします。
f:id:kojirocamp:20190723181035j:image

ここの月待の滝、マイナスイオンがたくさん出ているようです。たしかに、この場所にいるだけで癒されていく感じがあるような…f:id:kojirocamp:20190723181011j:image

さて、味噌おでんです。この味噌が絶品。シンプルな味わいなのですが、ゆずの香りがして予想外のおいしさでした。
f:id:kojirocamp:20190723181103j:image

味噌おでんを食べていると、お待ちかねの蕎麦が出てきました。見るからに美味しそう。
f:id:kojirocamp:20190723180955j:image

滝を見ながらいただきます。

うん、旨い!

f:id:kojirocamp:20190723181046j:image

温かいお蕎麦も頼んでみました。こちらは太い麺ですね。これも美味しい!
f:id:kojirocamp:20190723181107j:image

テーブルの上に置かれていたメニューにある「開運だんご」に目がいきました。これも食べてみたい…。


f:id:kojirocamp:20190723181054j:image

注文してしまいました。

f:id:kojirocamp:20190723181058j:image

クルミ餡のだんごで、素朴な味わい。これも美味しい!

 

お蕎麦を食べたら、滝の近くに行ってみます。

お店のすぐ外には天然氷のかき氷屋さんがあります。
f:id:kojirocamp:20190723181007j:image

これも美味しそうですが、今日は我慢します。
f:id:kojirocamp:20190723181020j:image
f:id:kojirocamp:20190723180959j:image

自由に持ち帰れるそばがらがありました。

これだけあれば枕がたくさん作れそうだなぁ。
f:id:kojirocamp:20190723181041j:image

そして、滝です。
f:id:kojirocamp:20190723181003j:image

滝の裏側入ることができます。自分も果敢に滝の裏側に挑んでみます。ここがマイナスイオンが最も出ているところのようですね。

水しぶきがかかるので、傘を持っていきます。f:id:kojirocamp:20190723190533j:image

写真を撮ったら即撤収します。足元が濡れているので注意が必要です。

尚、滝行がこちらでできるようです。


f:id:kojirocamp:20190723181050j:image

最後になってしまいましたが、こちらが入口です。自家焙煎珈琲と、手打ち蕎麦のお店です。
f:id:kojirocamp:20190723181030j:image

こちらは、多数ロケが行われている場所なんですね。納得です。

「月待の滝もみじ苑」は滝好きで蕎麦好きとしてはもってこいのスポットでした。おススメです。

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラに行ってきた【茨城県大子町】

f:id:kojirocamp:20190717075757j:image

今回は以前、袋田の滝に行った時からずっと行きたいと思っていた茨城県大子町にある「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」に行ってきました。

 

場所

常磐自動車道利用・・・那珂I.Cから国道118号で約1時間
東北自動車道利用・・・宇都宮I.Cから国道461号で約1時間

 

東京、千葉、埼玉方面からすると大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラまでは距離的に少し遠く感じますが、常磐道は混雑なく、常磐道を降りたあとも、道の駅によりながらスムーズに現地まで到着できるので、ストレス無く現地に向かえます。

また、高速降りてからの道中も川や山が見れて景色が楽しめ道中飽きることがありません。

 

買い出し

f:id:kojirocamp:20190718233342j:image

現地近くにスーパーの「たいらや」があります。ここでキャンプに必要な食料品はほぼ全て調達できます。

また、スーパー「たいらや」の目の前の道路を挟んで向かい側に「しまむら」があります。

大子広域公園オートキャンプグリンヴィラの近くには、屋内プール「フォレスパ大子」もあるので、水着を購入したい場合など、こちらで購入できます。
f:id:kojirocamp:20190718233344j:image

さて、買い出し完了後にスーパーからほど近くの場所に肉屋がありました。こちらのお肉屋さんも気になります。

 

現地到着

f:id:kojirocamp:20190717080444j:image

場内入口です。まずは、受付する必要があります。この入口に入る前に受付を済ませる必要あります。

f:id:kojirocamp:20190717080440j:image

f:id:kojirocamp:20190719002253j:image
f:id:kojirocamp:20190719002300j:image

受付棟です。綺麗ですね。こちらにお風呂もあります。朝は焼きたてパンが販売されます。並ばなくては…。

f:id:kojirocamp:20190718234317j:image

温泉です。露天風呂もあり、非常に綺麗で気持ち良い温泉です。是非、利用してみて欲しいと思います。
f:id:kojirocamp:20190718234313j:image
f:id:kojirocamp:20190717080450j:image
f:id:kojirocamp:20190717080435j:image

綺麗に整備されたキャンプ場です。フリーサイトとオートキャンプサイトがあります。初心者にも落ち着いてテントの設営ができる環境です。

最近のテントはアースカラーといいますか、茶色系が圧倒的に多いですね。

f:id:kojirocamp:20190719004702j:image

こちらのサイト。いつか泊まってみたいものです。

 

サイトマップ

f:id:kojirocamp:20190719002755j:image
f:id:kojirocamp:20190719002749j:image
f:id:kojirocamp:20190719002752j:image

 

テント設営

f:id:kojirocamp:20190719010835j:image

今回は雨の天気予報の中、当初は日帰りを想定していましたが、念のためテントを用意しておきました。

チェックインが15時過ぎで遅れたので、泊まるのか日帰りにするのか迷いましたが、このまますんなりはやっぱり帰れないと思い、テントを設営し始めます。

 

こんな時のテントのセレクトとしてはモンベルのムーンライトとタープの組み合わせで行きます。直ぐに設営できるのと、雨の中の撤収も速やかに行えます。モンベルムーンライト7型…。やはり優れものだ…。

f:id:kojirocamp:20190719002326j:image

一人で黙々と設営をしていきますが、ムーンライト7型であれば、15分で設営できます。

 

f:id:kojirocamp:20190718234307j:image

テントにタープも張って設営完成です。

テントにシワが寄って写真写りに影響がないか気にしながらタープのポールと紐を張っていきます。タープは微妙な調整が必要ですが、程々にする必要があります。妻から、他にも準備もあるのだからその程度にしておきなさいとたしなめられます。

f:id:kojirocamp:20190719003517j:image
f:id:kojirocamp:20190718234252j:image

周辺環境を引いた位置から写真撮影してみました。

周りのアースカラーに対して、我が家のモンベルムーンライト7型とタープのモンベルグリーンが強烈に主張し映えます。周りの風景から浮いてしまうのではないかと思いましたが、緑の芝に映えて思っていたよりも綺麗な感じです。

f:id:kojirocamp:20190719004336j:image

子供は自転車を借りてきました。


f:id:kojirocamp:20190718234256j:image

さて、火起こしを行います。取り敢えず、たらこを炙っていきます。

f:id:kojirocamp:20190718234249j:image

なんだか贅沢な感じですね。
f:id:kojirocamp:20190718234302j:image

子供用のフランクフルトを焼き始めます。
f:id:kojirocamp:20190718234259j:image

あたりが少しずつ暗くなってきました。
f:id:kojirocamp:20190718234245j:image
 f:id:kojirocamp:20190718234310j:image

焼きたらこ…。たらこをガブリと一口。

そして、ビールをぐいっと。

うわっ!美味い…。

f:id:kojirocamp:20190719002912j:image

鮎の塩焼きが出来たとのアナウンスが流れてきました。急いで買いに行きます。人気なので、あっという間に売り切れます。食べてみたい方はアナウンスが流れたら急いで向かって下さい。
f:id:kojirocamp:20190719002908j:image

生臭さも無く、美味しいです。


f:id:kojirocamp:20190719005523p:image

夜になり、予報どおり雨が降ってきました。

明日の撤収が大変なのを見越して片付けをしておきます。

 

 翌朝

f:id:kojirocamp:20190719002605j:image

朝になり、焼きたてパンのアナウンスが流れました。こちらもたくさん販売されていますが、みんなが買いに来るので焼き上がり時間を見越して受付棟に行く必要があります。

f:id:kojirocamp:20190719003923j:image
f:id:kojirocamp:20190719003920j:image
f:id:kojirocamp:20190719003917j:image
f:id:kojirocamp:20190719002616j:image

パンはふわふわで美味しいです。

 

雨の中の撤収

f:id:kojirocamp:20190719003956j:image

焼きたてパンを食べたら撤収です。雨が強く降ってきましたが、これもまたキャンプ。くじけずに片付けをしていきます。
f:id:kojirocamp:20190719011403j:image
f:id:kojirocamp:20190719003952j:image

大きめのビニールに詰め、ガムテープで巻きます。

 

なんとか片付けが完了しました。

この後は大子広域公園にあるフォレスパ大子へ温水プールに入りにいきます。