こじろーキャンプ日記

初心者ファミリーキャンパーのブログ。その他、旅行や遊びに行った時に更新していきます。

ルーメナー(LUMENA)を買ってみた【明るい!コンパクトなLEDランタン】

f:id:kojirocamp:20180420190631j:image

最近、話題になっているLEDランタン、「ルーメナー」を買ってみました。

なんと、世界で発売開始6ヶ月で70,000個販売の大ヒット商品なんだそうです。今ではどの位売れているんでしょうか?アマゾンで買おうと調べてみましたが、品切れ状態。慌てて、色々調べて注文しました。

 

ルーメナーとは

3色の点灯モード・220gの超軽量・大容量充電用バッテリー機能付きLEDランタンです。コンセントを必要としないから、キャンプはもちろん、夜の散歩などの防犯、防災にも大活躍しそうなアイテムです。

f:id:kojirocamp:20180420191945j:image

出典:tokyu-hands

その明るさは1300ルーメン!

1回のフル充電でかかる費用はわずか1円ほど。

また、ルーメナーの電池容量は10000mah。その容量をそのままモバイルバッテリーとして使えます。

 

ルーメナーを開封してみる

f:id:kojirocamp:20180420192154j:image

綺麗なケースに入っています。

f:id:kojirocamp:20180420192205j:image

f:id:kojirocamp:20180420192229j:image

f:id:kojirocamp:20180420192236j:image

本体サイズは以下の通りです。

本体サイズ(約):幅92×奥92×高28mm、重量(約):220g

f:id:kojirocamp:20180420193308j:image

お値段は少々高めですが、これだけコンパクトで明るくて、充電用のバッテリーにもなるルーメナー。一つ持ってると、色々なところで活用できそうです。これから値段がもっと安くなったら、もっと爆発的に売れそうな感じがします。(今でも相当凄い売れ行きですが…)

 

キャンプ時に使ってみて、また、レポートしたいと思います。

【松崎ランドセル】松崎のカバンでランドセルを買った【オーダーメイド、A4フラットファイル対応】(千葉県柏市)

来年小学校一年生になる長女のために、ランドセルを購入することになりました。

最近のランドセルの購入時期は、年々早まってきているようで、4月から始まり8月頃までのようです。ゴールデンウイークも一つの区切りので、人気のあるメーカーで、牛革のものとなると4月から品薄のものも出てくるとのことです。我が家もランドセルを見にいくことにしました。

 

どんなランドセルを買うか迷う

ランドセルと言っても、材質は牛革のものや人工皮革のものもあり、色も多様化しています。

また、最近ではA4フラットファイル対応のランドセルかどうかという点も大きなポイントのようです。ランドセルの形はあまり変わらないだろうと思っていましたが、旧モデルはA4フラットファイル対応でないサイズのものもあるので、チェックしておくポイントです。

 

材質について

主に牛革モデルにクラリーノモデル、ベルバイオモデルとあるようです。大きくは本革と人工皮革の2つです。

牛革のメリットはやはり、その質感と6年間使える丈夫さです。人工皮革の大きな特徴は何と言っても軽いことです。

ざっと、重さの違いは以下の通りです。

牛革製ランドセル : 1300g~1500g
クラリーノ製ランドセル : 1050g~1300g

ただ、ランドセル屋さんで聞いて来た話によると実際の重さと背負った時に感じる重さの体感重量は異なるとのこと。

しっかりと背中にフィットし、重心が取れているランドセルはそうでないランドセルと比べて感じる重さが異なるので、いくつか背負ってみて実感してみるのがいいと思います。

 

色について(女の子の場合)

昔は男の子は黒、女の子は赤と色が決まっていましたがら今は色が多様化してして、色々選べる分、何色にしようか迷います。また、女の子の子供を持つ親としては、可愛い赤色系統のランドセルを背をわせることをイメージしていますが、子供に好きな色はどれ?と聞くと水色や紫色を選んでくるので、親の希望を通すのか、子供の好みを通すのか葛藤することになります。

ランドセル屋さんの話によると、子供の色の好みは、プリキュアなどのその時に流行るテレビの主人公に影響される傾向もあるそうです。

また、別のランドセル屋さんの話によれば、「男の子の場合、色の好みを聞かないでください」、「女の子の場合、ランドセルを買う時に連れてこないでください」というアドバイスもあり、子供の好みは変わるので、ある程度飽きがこなく、6年間使うことを想定した色合い、デザインを親が選び、子供を誘導していく必要もありそうです。

 

肩ベルトについて

また、肩ベルトの弯曲(わんきょく)に関しても意見が分かれます。

背カンと繋(つな)がった部分から肩ベルトが角度をもって立ち上がり、肩のカーブに沿ったような弯曲をしているランドセルが多いです(フィットちゃん。天使のはねなど)。

しかし、敢えて弯曲させていないメーカーもあります。最初から弯曲させない方針にも根拠があり、どちらが優れているとは言えず子供一人一人で違ってくるものですので、やはり背負わせてフィットする方を選ぶことが大事だと思います。

 

我が家の場合

色々見ましたが、最終的にタイトルの通り、松崎のカバンのランドセル「松崎ランドセル」を注文しました。

決め手は飽きの来ないオーソドックスなデザイン、牛革の質感、確かな収納力、牛革の割に軽い(1350g)というところですが、一目見て素敵なランドセルだなと思ったところです。

 

やはり色のところでは選択に迷いました。

他の店舗では、まず赤やピンクのランドセルを喜んで娘が背負っていましたが、松崎ランドセルでは茶色ベースでパープルの糸のランドセルを選びました。(これは意外でした)

末永く6年生まで使えるという観点からするととても良い選択をするなと感心する一方で、本当にこの色でいいのか?実は親のコメントとかをそれとなく聞いていて娘が親心を配慮した色の選択をしているのでないか…と、心配になりました。

何度も本当にその色でいいのかと娘に確認しましたが、お洒落で可愛いという娘の意見と、実は松崎ランドセルで一番人気(女の子)なのが「茶色」とのことを聞いたので、茶色でパープルの縫糸のランドセルを注文しました。

f:id:kojirocamp:20180417214713j:image

いかがでしょうか?

松崎ランドセルのパンフレットにもこの色が大々的に載っていて、非常に落ち着いたいい色だなと自分では思っています。

4月中旬に注文しましたが、出来上がるのは11月頃のようです。(結構時間がかかるんですね)出来上がりが今から楽しみです。

www.11-randoseru.com

 

【Helinox】ヘリノックス タクティカルテーブルが欲しい【山にキャンプ、運動会、お花見に便利】

今回は柏の葉のエイアンドエフカントリーにやってきました。こちらには毎回見に来る度に欲しいものが売っていますが、今回もまたまた、欲しいものを見つけてしまいました。

以前から、ヘリノックスのテーブルである「テーブルワン」は目をつけていたのですが、今回はより、色が素敵で目を惹く「タクティカルテーブル」という商品が販売されていました。

さすがヘリノックス、軽くて持ち運びに便利な作りになっています。

f:id:kojirocamp:20180417205631j:image

f:id:kojirocamp:20180417205643j:image

ヘリノックスの椅子に座って高さがちょうどよく、家族3人から4人くらいのお皿、コップを並べられそうなのがこのLサイズ。

 

f:id:kojirocamp:20180417205702j:image

テーブルを置いて、椅子に座っても、直に床に座っても使える高さのMサイズ。

f:id:kojirocamp:20180417205722j:image

Mサイズが使い勝手良さそうですが、Lサイズと価格の差が1,000円。うちのように4人家族でキャンプで使うのならLサイズの方がいいかなと思いました。

 

f:id:kojirocamp:20180417205739j:image

さらに、軽く持ち運びがしやすいSサイズがあります。テーブルの下に網が付いていますが、これは別売りのようです。ヘリノックスはコップホルダーやテーブルの横に付けられる“箱”やオプションが非常に充実してますね。

f:id:kojirocamp:20180417205747j:image

以前のテーブルワンでは黒いテーブル台でしたが、今回のタクティカルテーブルになり、迷彩色があったりで随分お洒落になった感じです。

今日は見るだけにしましたが、近いうちに買いたい逸品です。

ピッツア マミーサでランチを食べた【北柏】(あけぼの山公園近くのレストラン)

f:id:kojirocamp:20180417203236j:image

f:id:kojirocamp:20180417203245j:image

今回は北柏の「ピッツア マミーサ」でランチを食べてきました。「ピッツア マミーサ」は北柏から守谷に向かう47号線沿いにあるレストランです。近くにはあけぼの山公園があり、この付近を通るたびに、いつかは行ってみたいと思っていたレストランです。

f:id:kojirocamp:20180417203701j:image

f:id:kojirocamp:20180417203719j:image

昼のランチメニューです。妻と2人なので、AランチのアンチョビのピザとBランチのサヤエンドウと海老のクリームパスタを選び、シェアすることにしました。

f:id:kojirocamp:20180417203914j:image

f:id:kojirocamp:20180417203927j:image

f:id:kojirocamp:20180417203941j:image

f:id:kojirocamp:20180417203951j:image

駅からは距離があるところにありますが、きちんとした駐車場があるからなのか客が途切れることなく入ってきます。カップルや地元のご夫婦の方で店内賑わっていました。

ピザもパスタも両方美味しかったです。

シーフードレストラン『メヒコ』でカニピラフを食べた【メヒコ守谷フラミンゴ館】

f:id:kojirocamp:20180308211805j:image

今回は茨城県の守谷にあるシーフードレストラン『メヒコ』に『カニピラフ』を食べにきました。

こちらのカニピラフ、1970年創業当初から人気メニューで、ズワイガニがたっぷりとのった名物料理です。

このカニピラフはカニの殻付きのものと、カニ身をほぐした状態でのせた状態と両方選べます。

カニの身をほぐしてある方が食べやすいのですが、殻が付いていた方がカニの身をほぐすためにカニに向き合う時間が長くなるからなのか、よりカニを食べた感じがします。また、カニの甲羅の付近からカニのダシを味わえます。なので個人的には殻付きをおすすめします。

ちなみにこちらのカニピラフ、お持ち帰りもできます。手軽に自宅でも『メヒコ』のカニピラフが食べられるのは、嬉しいですね。

 

また、こちらの『メヒコ守谷フラミンゴ館』では、フラミンゴを鑑賞しながら食事ができます。

f:id:kojirocamp:20180308213211j:image

f:id:kojirocamp:20180308213237j:image

シーフードとフラミンゴ、なんとも複雑な組み合わせですが、フラミンゴを鑑賞しながら食事ができる非日常的な感じがなかなか良い感じです。

f:id:kojirocamp:20180308213633j:image

今日は久々のメヒコということで、カニの刺身とカニクリームコロッケも注文してしまいます。

f:id:kojirocamp:20180308222119j:image

 

f:id:kojirocamp:20180308222226j:image

うわっ…。

このブログ書いていて、生唾が湧いてきました…。

f:id:kojirocamp:20180308222414j:image

子供用のメニューもちゃんとあります。

 

たまに無性に食べたくなるカニピラフ。

また、食べに行きたくなりました。

 

メヒコのホームページはこちら

http://www.mehico.com/

 

大室山のリフトに乗ってきた【伊豆】【伊東】おすすめ観光スポット

f:id:kojirocamp:20180307213914j:image

伊豆に旅行に一泊した帰り道に、大室山に行ってみることにしました。大室山は伊豆高原から車で10分程度で行くことができ、リフトで山頂まで登ることができます。

 

大室山とは

伊豆高原のどこからみても、お椀をふせたような柔らかな曲線のシルエットが美しい大室山。
標高580mの山頂に直径300mのすり鉢状の噴火口を持つ休火山で、全山カヤにおおわれています。
2010年8月5日には、単成火山の典型例として、国の天然記念物に指定されました。

伊東観光協会オフィシャルサイトより引用

 

f:id:kojirocamp:20180307214105j:image

スキー場以外でリフトを乗るのは、初めての体験で楽しみです。

f:id:kojirocamp:20180307214119j:image

大室山用の広い駐車場がいくつかあります。第1駐車場で車を降りるとすぐにリフト乗り場の前に着きます。乗り場周辺にはお土産売場や軽食を食べるところがあります。

f:id:kojirocamp:20180307215717j:image

お店を抜けると乗車券売場です。

f:id:kojirocamp:20180307214143j:image

乗車券売場でチケットを購入します。

大人は500円、子供(4歳以上)は250円です。(往復料金です)

f:id:kojirocamp:20180307214200j:image

チケットを買うと、目の前はリフト乗り場です。

f:id:kojirocamp:20180307214225j:image

ここ数年スキー場にも行っていないので、リフトに乗るのは久しぶりです。乗る時と降りる時は緊張します。

f:id:kojirocamp:20180307214257j:image

結構な傾斜を上がっていきます。リフトの足元は地面がありますが、後ろを振り返ると、結構な高さで、どんどん上がっていきます。

尚、リフトを降りる時はリフトを止めてしまわないように、速やかに左に流れながら降ります。

f:id:kojirocamp:20180307220126j:image

山頂に到着すると、お土産、軽食の店がありました。…アーチェリー?

f:id:kojirocamp:20180307214353j:image

山頂から少し歩くとアーチェリーの看板がありました。山の真ん中がくぼみになっていて、そこでアーチェリーができるようになっていました。

f:id:kojirocamp:20180307214332j:image

アーチェリー場を下に見ながら、山頂の周りを一周歩いていきます。

f:id:kojirocamp:20180307214425j:image

心地良い風を受けながら、絶景を楽しみます。

f:id:kojirocamp:20180307214527j:image

山頂の道はきちんと舗装されています。1週1キロの山頂遊歩道です。

f:id:kojirocamp:20180307214504j:image

f:id:kojirocamp:20180307214802p:image

帰りもリフトです。行きよりも帰りの方が景色を良く見ることができます。

f:id:kojirocamp:20180307214631j:image

リフトを降りると売店の前です。“大室山の思い出まんじゅう”が販売されていました。春から夏は草が生い茂り緑色の山になるんですね。

 

大室山は伊東市の中でも有数の観光スポットだそうです。伊豆高原や伊東に来た時には立ち寄りたいおすすめの観光スポットだと思います。

omuroyama.com

チュバチュバワンダーランド キャプテンCを見てきた

『チュバチュバワンダーランド』とは千葉テレビ放送で放送されている子供向け番組です。その番組の中にご当地ヒーローとしてキャプテンCというキャラクターがいて、このキャプテンCが子供の通っている幼稚園に来たことから、子供を通じて自分もその存在を知りました。

 

キャプテンCを見て以来、子供はチバテレビの放送を見はじめたのですが、このキャプテンCが以下写真の住宅展示場に来るということで、ちょうどその方面に用事があったため、急遽見に行ってみることにしました。

キャプテンCは千葉県内の幼稚園・保育園訪問や、ショッピングセンター、住宅展示場などのイベント会場で番組のステージショーが行われています。

f:id:kojirocamp:20171026220541j:image

 

この日は住宅展示場とのタイアップということで、家を見てアンケートに答えることで、キャプテンCとの握手券それと食事券(焼きそばとフランクフルト)をもらえました。キャプテンCのショーを見れて、食事もできてこれはいい企画です。

フランクフルトを食べながら、ショーが始まるのを待ちます。

f:id:kojirocamp:20171026220621j:image

いよいよはじまりました。左がキャプテンC、真ん中がダスターD、右がダスコです。テレビではおねえさんがいるはずなのですが、今日はお休みのようです。

「ダッダーダダッダー、ダッダーダスターD‼︎」と、ダスターDのテーマが流れると、子供が踊り出します。

f:id:kojirocamp:20171026221113j:image

すると一番右に女性が現れました。この人が現れた時に『おおーっ』という歓声があったのですが、あとから調べてみたところ、前の代のおねえさんだったことがわかりました。

f:id:kojirocamp:20171026221307j:image

どんな方なのか、この時は分かりませんでしたが華があるというか醸し出す雰囲気が素敵でした。

 

ショーも佳境を迎え最後の楽曲は『ロックン★チュバ!』でフィニッシュ。ちゅーば、ちゅーば、ちゅば…

みんなで盛り上がります。

 

ショーが終わると、先程のアンケートに答えてもらった握手券で握手会に参加します。

f:id:kojirocamp:20171026222609j:image

 f:id:kojirocamp:20171026222624j:image

f:id:kojirocamp:20171026222728j:image

f:id:kojirocamp:20171026222749j:image

最後はえみおねえさんです。

自分も思わずハイタッチしてきました。えみおねえさんの笑顔が素敵です。

 

実際にキャプテンCのショーを見て、自分もすっかりファンになりました。

また、ショーがあれば見に行きたいと思います。次は今のおねえさん、さとみおねえさんも見れるといいなぁ。