こじろーキャンプ日記

初心者ファミリーキャンパーのブログ。その他、旅行や遊びに行った時に更新していきます。

名古屋旅行に行ってきた話

f:id:kojirocamp:20220718174707p:image

娘に名古屋に行かなくてはならない目的があり、それならばということで、名古屋に一泊で家族で行くことにしました。なかなか名古屋に行く機会はこれまで無かったので、楽しみです。
f:id:kojirocamp:20220718174726j:image

新幹線に乗るのであれば、やはり駅弁にビールは欠かせないでしょう。東京駅の売店で買込み新幹線に乗り込みます。
f:id:kojirocamp:20220718174813j:image

さて、ビール…。
f:id:kojirocamp:20220718174651j:image

プシュ‼︎
f:id:kojirocamp:20220718174618j:image

新幹線の中で弁当を食べながらビールを飲む…。f:id:kojirocamp:20220718174755j:image

完食です。

これで、今回の旅行の目的の半分は達成しました。
f:id:kojirocamp:20220718174628j:image

車内販売です。
f:id:kojirocamp:20220718174647j:image

娘がアイスクリームを食べたいとのことなので、購入します。バニラ、抹茶、ピスタチオということで、迷っていたので、ピスタチオを勧めます。

一口もらいましたが、やはり旨し!
f:id:kojirocamp:20220718174737j:image

名古屋駅に到着する

新幹線で、東京駅から約1時間半といったところでしょうか。名古屋駅に着きました。

今回はJR東海ツアーズのツアーで来ていて、クーポンをもらっていました。クーポンを“あいち満喫パス”に取り替えます。
f:id:kojirocamp:20220718174631j:image

あいち満喫パスは名古屋周辺の見所を6箇所分回れるクーポンです。名古屋城やリニア・鉄道館、熱田神宮などなど回れます。今回の旅行は1泊2日ですが、この日程で6箇所回るのは相当厳しいかもしれません。旅行期間中、思う存分楽しめるパスかと思います。

f:id:kojirocamp:20220718193216j:image

リニア・鉄道館に向かう

まずはリニア・鉄道館に向かいました。

リニア・鉄道館には名古屋駅からあおなみ線に乗り換えて金城埠頭駅が最寄りです。
f:id:kojirocamp:20220718174623j:image
f:id:kojirocamp:20220718174759j:image

f:id:kojirocamp:20220718174638j:image
f:id:kojirocamp:20220718174721j:image

色々な新幹線、リニアモーターカーが展示されており、子供が楽しめる施設となっていました。
f:id:kojirocamp:20220718174701j:image

あおなみ線の車窓から撮影しました。レゴランドも金城埠頭駅が最寄り駅です。
f:id:kojirocamp:20220718174642j:image

あおなみ線から見る景色も中々素晴らしいです。

味仙で昼食に辛旨な台湾ラーメンを食べる

f:id:kojirocamp:20220718181031p:image

リニア・鉄道館から名古屋駅に戻ってきました。名古屋飯の一発目は、台湾ラーメンで有名な「味仙」です。食事時から時間がずれていましたが、味仙はどの店舗も行列が絶えませんでした。ちょっと並んで、店内に案内されます。
f:id:kojirocamp:20220718174614j:image

まずは瓶ビールで乾杯。
f:id:kojirocamp:20220718174730j:image
f:id:kojirocamp:20220718174802j:image

事前情報では、青菜炒め、コブクロ、台湾ラーメンがおすすめと聞いています。

f:id:kojirocamp:20220718174745j:image

早速のコブクロ。オーダーから出てくるまでが凄く早い!

早速一口食べてみます…。

((((;゚Д゚)))))))…‼︎

うまっ、何これ‼︎

ビールをグビグビ。辛味が効いています。旨さのインパクトが凄い!箸が止まらない…。

f:id:kojirocamp:20220718174605j:image

続いて青菜炒め。これも出てくるのが早い!

ニンニクが効いていてこれもビールがすすむすすむ。
f:id:kojirocamp:20220718174808j:image

子供にはラーメンを注文しています。こちらは辛味がなく、安心してお子様が召し上がれます。これも旨そう…。
f:id:kojirocamp:20220718174717j:image

と、言っている間に台湾ラーメンが出てきました。注文したものが直ぐに提供されるので、つまみでじっくり飲んでから台湾ラーメンを注文するのが良いと思います。

ですが、ラーメンを飲みながらビールもオツです。台湾ラーメンは旨味のなかに辛味が効いていて、これはクセになる旨さです。

f:id:kojirocamp:20220718175001p:image

こちらは水の瓶です。座席に着いたら早々に2瓶出されましたが、納得です。料理全般的に辛いので、水をグビグビ飲みます。

ホテルでも他のメニューを食べたいと思い、ニンニクチャーハンと餃子、手羽先をテイクアウトしました。

ホテルに向かう

f:id:kojirocamp:20220718194858p:image

さて、昼ごはんを食べたらホテルに向かいます。

f:id:kojirocamp:20220718181805j:image

綺麗なホテルですね。

f:id:kojirocamp:20220718181741j:image

ホテルに着いたら味仙のテイクアウトを肴に乾杯です。
f:id:kojirocamp:20220718181830j:image

ニンニクチャーハン、餃子も旨いです。味仙…恐るべし…。手羽先も甘い味付けで後味ピリピリで辛味が効いて旨い。味仙の料理はどれも好みの味で最高!名古屋飯、まだ、一店目だけど最高だ…。

先程昼ご飯を食べてきたばかりなのに夜ご飯も早々と食べてしまいました。

栄の街を散策する

f:id:kojirocamp:20220718181850j:image

腹ごしらえをしたら、あいち満喫パスが使える「中部電力MIRAI TOWER」に行きます。
f:id:kojirocamp:20220718181907j:image

エレベーターで登ります。

f:id:kojirocamp:20220719202740j:image
f:id:kojirocamp:20220718181837j:image

タワーから見えるあのプールみたいなのはなんだろう。f:id:kojirocamp:20220718181801j:image

タワーを降りて行ってみました。プールみたいなところは歩いて回れます。

f:id:kojirocamp:20220718181757j:image

f:id:kojirocamp:20220719202834p:image
f:id:kojirocamp:20220718181842j:image

ライトアップが素敵です。名古屋の栄の街は新しい建物が多くて、オシャレなお店も多く、なんだか凄いところにきたなぁと感じた街でした。

二日目、朝食はコンパルに行きエビフライサンドを喰らう

さて、次の日の朝食です。

妻はコメダ珈琲店に行きたいと言っていましたが、コメダは名古屋でなくても地元でも行けるので、私のセレクトで名古屋ならではの評判のお店に向かいます。

今回、訪問したのは「コンパル」というお店です。こちらは名古屋名物のエビフライサンドが食べられるお店です。エビフライサンドはこのコンパルが発祥とのこと。これは食べねば…。

f:id:kojirocamp:20220719083249j:image
f:id:kojirocamp:20220719083253j:image

きました!こちらがエビフライサンド。

エビフライに特製ソース、キャベツ、玉子がサンドされたサンドイッチ。これは旨いです。

f:id:kojirocamp:20220719083459j:image

もちろん、モーニングもあります。飲み物プラス130円です。

f:id:kojirocamp:20220719083600j:image

こちらがモーニングのサンドです。玉子、ハム、キャベツがたっぷり!ソース?がたっぷりと入っていて満足度が高いです。自分が常連だったら、このモーニングばかり頼むと思います。

f:id:kojirocamp:20220718181900j:image
f:id:kojirocamp:20220718181750j:image

こちらは小倉トーストですね。サンドされているので、食べやすいです。
f:id:kojirocamp:20220718181915j:image
f:id:kojirocamp:20220718181846j:image

コンパルの外観。自分が行ったコンパルは栄駅の地下街にあります。

f:id:kojirocamp:20220718183347p:image

因みにうちの子供はサンドイッチじゃないのが食べたいということで、コンビニのスパゲッティを買いホテルで食べてました。

名古屋城に行く

朝ご飯を食べたら名古屋城に向かいます。

f:id:kojirocamp:20220718183141j:image

金のシャチホコはインパクトありますね。ちなみに天守閣は2022年4月までは改修のため入れません。今回は外側からお城を眺めました。

本丸御殿の中に入ります。
f:id:kojirocamp:20220718183025j:image

部屋の中は金ピカですね。
f:id:kojirocamp:20220718183334j:image

f:id:kojirocamp:20220718183039j:image

お城を探索したら金シャチ横丁を見て周ります。お昼時ということもありどこのお店も混んでました。
f:id:kojirocamp:20220718183552j:image

なので、タクシーを拾い、名古屋に戻ります。

名古屋駅で昼ご飯に味噌煮込みうどんを食べ、そしてくつろぐ

子供がうどんを食べたいとのことなので、味噌煮込みうどんのお店に行きます。
f:id:kojirocamp:20220718182834j:image
f:id:kojirocamp:20220718182854j:image

煮込んでも美味しいように、歯ごたえがあるうどんでした。甘辛い濃厚な味噌にうどんがよく合います。うどんの鍋の蓋にうどんをよそい、召し上がります。

f:id:kojirocamp:20220718182918j:image
昼食後、もう1案件(名古屋駅から比較的近い豊田産業技術記念館を予定していました)、観光地を回ることを予定していたのですが、今日は非常に暑く少々疲れたので、無理をせず喫茶店で涼みました。
f:id:kojirocamp:20220718183612j:image

このカキ氷!お値段も結構張りましたが、イチゴジャムに練乳に生クリームと贅沢な味わいです。3人がかりで食べました。
f:id:kojirocamp:20220718183320j:image

ケーキセットもいただきました。もっちりふわふわで旨かったです。

f:id:kojirocamp:20220719200218j:image

帰宅

充分休んだら、帰りの新幹線に向かいます。
f:id:kojirocamp:20220718183302j:image

新幹線なのに、数分間隔でのダイヤ。3分間隔とかで「のぞみ」や「ひかり」が運行してるんですね。これには驚きました。
f:id:kojirocamp:20220718182849j:image

さて、帰りの新幹線でもビールをいただきます。
f:id:kojirocamp:20220718183033j:image

グッ…
f:id:kojirocamp:20220718183556j:image

プシュ。
f:id:kojirocamp:20220718182844j:image

新幹線に乗る前に駅の売店でみそ串かつを買っておきました。
f:id:kojirocamp:20220718183108p:image

串かつをハグッ。ビールをゴキュ。たまりませんな。
f:id:kojirocamp:20220718183029j:image

お腹が減らないように、これまた名古屋の名物である天むすも買ってあります。この辺、ぬかりはありません。

f:id:kojirocamp:20220718182937j:image

天むすにビールも美味しゅうございました。

食べてばっかりの旅行でしたが、自分としては、「ひつまぶし」と「きしめん」、「手羽先」が食べられなかったのが、心残りです。あ、名古屋発祥の「あんかけパスタ」、これも食べたかったな…。

心残りはあるものの、名古屋飯はどれも本当に美味しくて、また、機会があれば是非行きたい場所です。東京駅から1時間半程度で行けますし、新幹線の旅行は快適でビールが飲めて最高ですね。これはクセになりそうです。体の疲労度も少なく行って帰ってこれました。

ベアボーンズ[レイルロードランタン」のガラスのホヤを交換した話

f:id:kojirocamp:20220706140633j:image

前から欲しかったベアボーンズのレイルロードランタンをついに今回購入し、キャンプに持参したところ、初回でランタンのガラスホヤを割ってしまいました。

初回の使用で割れてしまったので大ショック…。

このホヤの交換ができないかと調べたところ、最近のレイルロードランタンにおいてはホヤ交換が可能とのことがわかりました。

f:id:kojirocamp:20220706140555j:image

上記の写真はランタンの底の部分なのですが、5vと書かれている上のアジサイ(星?)のようなマークが付いているものはホヤ交換ができるそうです。

早速、Amazonで正規取扱店から取り寄せます。

お代は2,950円でした。


f:id:kojirocamp:20220706140547j:image

こちらが到着した交換用のホヤです。
f:id:kojirocamp:20220706140624j:image

ランタンの上部を外します。
f:id:kojirocamp:20220706140627j:image

蓋を外して、
f:id:kojirocamp:20220706140617j:image

ボルトを外していきます。
f:id:kojirocamp:20220706140558j:image

f:id:kojirocamp:20220706140604j:image

電気のコードがあるので慎重に外してから、コードを真ん中の芯の穴に入れます。
f:id:kojirocamp:20220706140551j:image

全部外せました。
f:id:kojirocamp:20220706140630j:image

無惨にも割れてしまったホヤを外して
f:id:kojirocamp:20220706140610j:image

新しいものに交換します。
f:id:kojirocamp:20220706140601j:image

後はこれまでの流れを逆に取り付けていき
f:id:kojirocamp:20220706140620j:image
f:id:kojirocamp:20220706140613j:image

完成!

ちゃんと点灯するか確認します。

f:id:kojirocamp:20220706140544j:image

無事復旧しました!

これでまた、キャンプに持って行くことができます。今度はガラスホヤを割らないように使い方を気をつけないと…。

ガラスホヤの交換については実際にやってみるとそれほどの手間はかからなかったです。

尚、今回は純正のガラスホヤを取り寄せ取り付けましたが、レイロールドランタンのガラスホヤで調べてみると、色々な種類のガラスホヤがありました。違うガラスホヤをつけてみても面白いと思います。

 

 

スキットルにテキーラが入っているものを買ってみた【プレミアムテキーラ カサ・マエストリ】

f:id:kojirocamp:20220701081508j:image

以前から憧れていた“スキットル”の中になんと、テキーラが最初から入ってる商品をスーパーで見つけました。

こちらの商品。中身のテキーラを飲みきった後は、持ち運びやすい薄型のフラスクボトルとして使用でき、キャップがなくなるのを防ぐための留め具もボトルについています。 キャンプやバーベキューなどアウトドアの場面にもピッタリなのではないかと思い購入してみました。
f:id:kojirocamp:20220701081535j:image
f:id:kojirocamp:20220701081531j:image
f:id:kojirocamp:20220701081503j:image
f:id:kojirocamp:20220701081519j:image

普段テキーラはなかなか飲むことはありませんが、今回はテキーラハイボールにして飲んでみます。

f:id:kojirocamp:20220701081524j:image
f:id:kojirocamp:20220701081527j:image

できました。

ハイボールは適度なテキーラの甘さ、スパイシーさ、香りを感じつつ、ソーダのサッパリ感もあるので、どんな食事でも合うのではないでしょうか。

これは、飲み終わった後のスキットルに何を入れようか、どう使おうかと考えるのが楽しい逸品です。

 



 

「かつや」で大人様ランチを食べた話

f:id:kojirocamp:20220607202757j:image

会社の同僚による「大人様ランチ知ってる?」との問いかけにより、先日、かつやの大人様ランチを食べに行ってきました。

オムカレーをベースにエビフライ、チキンカツ、赤ウインナー。チキンカツにはタルタルソースが乗っています。
f:id:kojirocamp:20220607202754j:image

このボリュームたっぷりなビジュアル的なところもそそります。国旗は刺さっていませんがそこは大人様ということで。

チキンカツ、オムカレーをバクバク、ウインナー、オムカレーをバクバク、エビフライ、オムカレーをバクバク。食べ始めは食べきれるかとも思いましたが、そんな心配は杞憂に終わりました。

「かつや」に行くと、自分はカツ丼ばかりを頼んでいましたが、今後は悩むことになりそうです。

期間限定ではなく、オリジナルメニューになるといいですね。

 

スノーピークのマグカップについて【チタンシングルマグ、チタンダブルマグ、ステンレス真空マグ、どれを選ぶのが正解か】

f:id:kojirocamp:20220517155349j:image

スノーピークのマグには大きく3種類ある

直火で温めることも(自己責任)可能なスノーピークのチタンシングルマグカップを買おうと思って検索をしたところ、スノーピークのマグカップには大きく3種類あることがわかりました。

チタンシングルマグ、チタンダブルマグ、ステンレス真空マグとありますが、自分は見た目の無骨さと直火で温めることが出来ること、サイズを変えればスタッキングができる収容力から、チタンシングルマグを、サイズは汎用性が高い450の物を買おうと思って検討していました。

f:id:kojirocamp:20220518222030j:image

チタンは錆びにくい、軽いということから、その点についても長年使えるのではないかと思い、チタンシングルマグを選ぼうと考えた要因の一つでもあります。

巷のブログでは中には焼入れをしている人もいて、こんなことが出来るのもシングルマグだけ。こんなのも挑戦してみたいなぁと漠然と思っていたこともあります。

ダブルにも良いところがあると思うのですが、焼き入れはできません。

f:id:kojirocamp:20220518221901j:image

 

アルペンアウトドアフラッグシップストア(柏店)に行って現物を見て購入を考える

店頭でチタンシングルマグとステンレス真空マグの450が販売されていました。ここで、ステンレス真空マグは直火はできないものの良い点が多数あることがわかりました。

f:id:kojirocamp:20220518222306j:image

ステンレスマグは、チタンと比べて材質による見た目がかなり異なります。チタンはマットなテイスト、ステンレスはツヤツヤです。

ステンレス真空マグについては、保温、保冷効果があります。また、熱い物を飲むときに、シングルマグだと、口が当たる部分が熱くなりますが、ステンレス真空マグではそのような事が起きません。

氷を入れて冷たい物を入れておけば、氷は溶けにくく、冷たい物を冷たい状態で長く飲める。温かいものに対しても、飲み口で口びるが熱くなる事を気にすることなく飲む事ができます。

果たして、ロマンのチタンシングルマグか、実用的なステンレス真空マグか悩みましたが、アルペンアウトドアフラッグシップストアのスノーピークの店員が、悩んでいる私を見かけ声をかけてくれました。

「自分はステンレス真空マグですね。自分は結局もう、これしか使っていません。」

「直火でコップを温めることはほとんど無いと思います。」

このコメントで、ステンレス真空マグに決めました。

f:id:kojirocamp:20220518222927j:image
f:id:kojirocamp:20220518222922j:image

妻の分も買って、プレゼントにします。

早速家に帰りハイボールを作ります。

うーん…、

冷たくて美味しい。

店員さんのアドバイスに基づいて、ステンレス真空マグにして良かったです。

 

実は、アルペンアウトドアフラッグシップストア柏店でスノーピークのマグを買う前に、アルペンアウトドアフラッグシップストアの店頭にあるスノーピークカフェでコーヒーを飲みました。

f:id:kojirocamp:20220518223546j:image
f:id:kojirocamp:20220518223552j:image
f:id:kojirocamp:20220518223549j:image

その際に店舗の中で使われていたカップはチタンシングルマグで、あー、こっちの方がいいのかな?とも思いましたが、結果として、冷たい物は冷たく、熱いものは熱いままに、コップを口につける時にヤケドを気にしないで飲めるステンレス真空マグはいいよなぁと、しみじみ思い、今回のセレクトをした自分にナイスと思いました。

今のところ、家ではハイボール専門ですが、キャンプではスープを入れたり、お椀のカップヌードをこのステンレス真空マグでいただきたいと思います。

値段はかなりするマグですが、所有欲も満たされ、長いことを使うと思うと値段の価値があるカップなのではないかなと思います。

 

最後に

チタンシングルマグも見た目がかなり好きですが、1つ選ぶとするとなると、自分は実用的で高機能なステンレス真空マグを選択しました。容量も450のものは使い勝手として良いと思います。300だと、氷を入れて飲み物入れるとあまり量が入らないのでは?と、思います。

 

フォンテーヌの森でバーベキューをしてきた【茨城県つくば市】

f:id:kojirocamp:20220507202854j:image

今回は茨城県つくば市のオートキャンプ場&バーベキュー場であるフォンテーヌの森でバーベキューをしてきました。

フォンテーヌの森は常磐道桜土浦ICから車で10分のところにあります。

こちらのバーベキュー場は食材持込・手ぶら共に可能。屋根もしっかりとあるので、雨の日にも大自然を感じながら快適にバーベキューができます。

尚、バーベキューの時間帯は11:00~15:00となります。

MAP

f:id:kojirocamp:20220507203539j:image

バーベキュー場

f:id:kojirocamp:20220507202905j:image

今回は我が家含む3家族でのバーベキューです。

バーベキュー場のキッチンは非常に綺麗かつ、使いやすい状況。

f:id:kojirocamp:20220507203754j:image

テーブルも椅子も広々としていて快適にバーベキューを楽しめます。

早速、火をおこし、調理をはじめていきます。
f:id:kojirocamp:20220507202908j:image

前回のキャンプで作ったネギの豚巻きとシソ巻き、今日も仕込んできました。
f:id:kojirocamp:20220507204126j:image

こちら、一緒にバーベキューをさせていただいたご家族に買ってきてもらった牛肉。つくばの肉屋、マルゲンミートのお肉だそうです。こちらのお肉、最高に旨いです。今度、行ってみたいと思います。

marugenmeat.com

f:id:kojirocamp:20220507202902j:image

こちらも一緒にバーベキューをさせていただいたご家族に用意していただいたフレンチトースト。フワフワで旨かったです。あまりにも美味しかったので、作り方を教わりました。

レシピ

なんと、プッチンプリンを使います。

プッチンプリンに牛乳を50cc、4つ切りパンに浸して焼く。

今度作ってみたいと思います。

f:id:kojirocamp:20220507202900j:image
f:id:kojirocamp:20220507202851j:image

今日もお腹いっぱい美味しいものをいただきました。

キャンプ場エリアを散策してみる

さて、次はいつかキャンプに来る時のために、キャンプ場エリアを散策します。

f:id:kojirocamp:20220507210716p:image
f:id:kojirocamp:20220507210742j:image
f:id:kojirocamp:20220507210706j:image

コテージ、雰囲気がある建物でいいですね。また、どこのコテージもロケーションが良く、コテージから見える景色が良さそうです。
f:id:kojirocamp:20220507210739j:image
f:id:kojirocamp:20220507210734p:image

川の近くのサイトもありました。

f:id:kojirocamp:20220507210728p:image
f:id:kojirocamp:20220507210721p:image
f:id:kojirocamp:20220507210710p:image

トランポリンの脇にはバスケットのリングもありました。今度リングが空いている時に自分も久々にシュートを打ちたい!

f:id:kojirocamp:20220507211014j:image

売店です。お店の中も品揃えが充実していて、見ていて楽しい感じです。モーラナイフも売っていました。

今日は雨が降ったり止んだりの天気でしたが、屋根がしっかりとあるバーベキュー場で天気の心配も無く落ち着いてバーベキューができました。

春の新緑の中のバーベキューはやっぱり気持ちが良かったです。

 

千葉ウシノヒロバで、ゴールデンウィークに久々のキャンプをしてきた

f:id:kojirocamp:20220506221952j:image

今回は千葉県千葉市若葉区の千葉ウシノヒロバに行ってきました。泊まりのキャンプは本当に久々で、なんの準備をしていけば良いのか少しずつ思い出しながら準備をして向かいました。

場所

f:id:kojirocamp:20220505234529p:image

施設

f:id:kojirocamp:20220505234648p:image

感染対策

車の中で、入場メンバーの検温と手の消毒を行います。時間はかかりますが、きちんとしていますね。

f:id:kojirocamp:20220505211936j:image

その後、二次元コードでチェックインします。

チェックイン後は以下のテープが配布され、腕につけます。

f:id:kojirocamp:20220505211906j:image

さて、入場です。

f:id:kojirocamp:20220505212116j:image

キャンプ場の様子

f:id:kojirocamp:20220505212353j:image

ウシノヒロバというだけあって、牛がいます。牛のにおいがします。
f:id:kojirocamp:20220505212338j:image

f:id:kojirocamp:20220505212350j:image

今日はパン屋さんとミルクバースタンドが出ていました。

f:id:kojirocamp:20220505221219p:image

f:id:kojirocamp:20220505212336j:image
f:id:kojirocamp:20220505212341j:image

カルーアミルク…。これは外せないでしょう!
f:id:kojirocamp:20220505212344j:image

大人はカルーアミルク、子供はコーヒー牛乳を購入します。見た目は同じです。カルーアミルクの飲み口は…。自分が飲んだ感じではコーヒー牛乳の味わいでした。とても飲みやすくて、これは何杯でもついつい飲んでしまいそうです。
f:id:kojirocamp:20220505212347j:image

せっかくなので、アイスも購入してみました。暑い日だったので最高です!

続いてトイレ、炊事場の様子です。

f:id:kojirocamp:20220505213422j:image

トイレと炊事場は新しくて綺麗です。しかし、キャンプ場から少々距離があります。奥の方にテントを設置した場合、夜、トイレに行く時はちょっと大変だと思います。

f:id:kojirocamp:20220505213417j:image
f:id:kojirocamp:20220505213420j:image

お湯は出ません。この季節なので問題はありませんでしたが冬は寒そうですね。

 

久々のテント設営

f:id:kojirocamp:20220505220538j:image

さて、今回のテントは日差しを考慮し、コールマンタフスクリーンツールームプラスをセレクト。室内が暗いやつです。フリーサイトだったので、大胆に場所を取り設営していきます。

久々のテント設営で相当手間取り、1時間程かかってしまいました。最近、デイキャンプでバンドックのソロベースexに慣れていた自分としては、ツールームテントの大きさに一苦労です。この後のビールがきっと美味はず!と頑張り、ようやく設営できました。

 

宴会開始

今回のキャンプは娘の幼稚園の時のお友達家族とご一緒させてもらいました。

f:id:kojirocamp:20220505221452p:image
f:id:kojirocamp:20220505221457p:image
f:id:kojirocamp:20220505221446p:image

久々のご家族との再会にテンションも上がります!

f:id:kojirocamp:20220505222332j:image

いただいた酒の肴。これはビールもすすみます‼︎

 

と、しているうちに時間もいつの間にか進んでいたようで、日が暮れてきました。日が暮れ始めると暗くなるのが本当に早い!そろそろメインの料理に取りかかります。

ここからは妻に写真を撮ってもらっていた写真を載せていきます。

実はこの後、久々の料理の準備や調理に夢中になり写真撮影を忘れていました…。

f:id:kojirocamp:20220505222653j:image

今回は串焼きをやろうと、家で下拵えをしてきました。作ってみたのは、いずれも豚バラで巻いたもので、ネギ巻き、えのき巻き、シソ巻き、ピーマンチーズ巻き、アスパラ巻き、プチトマトベーコン巻き、うずらベーコン巻き。

見栄えが良いのは青ネギを巻いた肉巻きと、シソ巻きですかね。ピーマンチーズ巻きは半分に切ったピーマンの中にチーズを入れて、豚バラで巻きます。
f:id:kojirocamp:20220505222655j:image

塩胡椒をかけて、炭火で焼いていきます。

初めて作ってみましたが、妻からも一定の評価もいただいたので、多分、まずまずの出来だったのではないでしょうか。次回はレタス巻きも作りたいと思います。

ご一緒させていただいたご家族は串揚げを作っていました。こちらも揚げたてのアツアツをソースをたっぷりつけていただきました。サクサクッと旨かったです‼︎

f:id:kojirocamp:20220505225300p:image

さて、子供たちといえば、カップラーメン…。これが最高のようです。外で食べると旨さもひとしおとのこと。

f:id:kojirocamp:20220505225312p:image

みんないい顔しています。

f:id:kojirocamp:20220506000103j:image
f:id:kojirocamp:20220506000100j:image

焚き火まで、本当にあっという間。

唯一心残りなのは、もう少しキャンプ場を散策しておきたかった…。

 

消灯

後片付けをして消灯します。この季節でしたが、夜はやはり冷え込みます。また、湿気で身体がペタペタするような…。服を着込み寝袋に入りました。結露が凄い…。

 

起床

10時チェックアウトなので、6時起床、朝ご飯を作って8時位に食べ終わることにしました。朝ご飯はホットドックを頬張ります。食べたら急いで撤収作業に入ります。

これまで、調理にはユニフレームのツインバーナーをメインで使っていましたが、今回はソロキャンプで使えるSOTOのレギュラーターストーブを使用しました。朝ご飯の調理では、これで十分ですね。ファイアグリルがあれば夜ご飯もこれで十分かな。準備も片付けも楽チンで、快適です。

撤収作業

さて、ここからは時間との戦いです。

改めてテント内の荷物が多過ぎで、どこから一体手をつければ良いのか…。しばし呆然とします。

まずは車の前にシートを引いて…。

それからは寝袋、パッドを袋に詰め込み…テントの中の荷物をシートの上にどんどん出していきます。天気に恵まれて本当に良かった。大胆に荷物を出していきます。テントの結露も乾いていきます。

その間に妻は洗い物に行ってもらいます。

荷物を出したらテントの片付けです。

設営よりはラクなのですが、ツールームは生地が大きいので、畳むのが手間取ります。

グルグル巻いて、さぁ、テントの袋に入れようと思ったらテントを畳んだ時の幅が長過ぎて袋に入らない…。ギュウと力ずくで押し込んでも入らない…。

諦めて再度テントを広げて、たたみ直して、再チャレンジ…。今度は入った!ここまでで、チェックアウトの10時10分前。

荷物を車に詰め込み、詰め込み…。

あれ、なんだか来た時の状況よりも車の中が一杯一杯…。入りきるのか?

入った!では、いざ、帰宅!

 

久々にキャンプをしてみて、今後の反省点

・テントの設営、撤収をもう少しラクにしたい!やはり、テントの設営は簡単かつ短い時間で設営でき、撤収がラクにできる方が良い。ここに時間を費やすのは勿体無い。また、労力を大変費やしてしまい大変疲れた。

・荷物を減らしたい!我が家のキャンプは荷物が多い、その割に足りていないものがある。収納の仕方や、持ち込むものの取捨選択をもっとしなくてはならないと思った。

 

久々のキャンプが終わってみて

自然の中で太陽の日をたくさん浴びながら遊び、美味しいものを食べて飲んで帰ってきて、大変疲れたし反省点もあったものの、心地良い疲れで精神的にスッキリした感じがしました。

さて、次はどこのキャンプ場に行ってみようか…。